賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

宮城・仙台の情報や賢くなりたいおバカさんが足掻いてみるブログ。

仙台駅の2Fおみやげ処せんだいで”ラグノオささき”の「MASHIRO(ましろ)」を食べてみた。

仙台駅には飲食系が多く、毎回、何を買うか迷います(笑)

その中で自分が食べたいや面白いなと思ったのを購入してきました。

 

今回は”ラグノオささき”の「MASHIRO(ましろ)」です。

 

購入した店舗は以前、「なまどら」や「ごま摺り団子」を購入した仙台駅2Fにあるおみやげ処せんだいです。

 

過去記事

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com

 

外観

f:id:rasinban2:20200212173659p:plain

 

購入した”ラグノオささき”の「MASHIRO(ましろ)」

1個162円

※購入時に常温で持ち帰るので、賞味期限は5日以内と言われました。パッケージにも解凍後は常温未開封にて5日以内とあります。

f:id:rasinban2:20200212174931j:plain

 

商品に触れる前に会社について紹介したいと思います。

”ラグノオささき”は青森県の会社で創業は明治17年1884年)と歴史ある会社です。

起こりは「和菓子さゝき」という小さな菓子屋からだったそうです。

商品のメインはリンゴを使ったお菓子です。

ただ、今回の「MASHIRO(ましろ)」はイチゴを使ったお菓子です。

弘前市郊外では果樹園と契約して「ブラムリーズ・シードリング」という品種の林檎を栽培しています。

ラグノオ

 

青森県の会社の商品ですが、「MASHIRO(ましろ)」はパッケージに宮城県産小麦の小麦粉を53%使用(小麦粉に占める割合)、宮城県亘理町産イチゴのジャムを使用宮城県の生産品を使った商品になっています。

 

商品特徴

ふんわり生地に白いカスタード。甘酸っぱいイチゴジャムを閉じ込めた真白なカスタードケーキです。

 

原材料名:フラワーペースト(国内製造)、小麦粉、砂糖、イチゴジャム、液鶏卵、卵白加工品、食用乳化油脂、乳等を主要原料とする食品、還元水あめ、寒天/トレハロース、加工デンプン、グリシン、糊料(増粘多糖類:りんご由来)、乳化剤、香料、膨張剤、酸味料、環状オリゴ糖、酒精、着色料(コチニール、カロチン)、pH調整剤、乳酸Ca

 

 

上記の商品をパッケージから取り出すと雪玉のように白い物体が!

触ってみると手触りはフニフニしています。

f:id:rasinban2:20200212182235j:plain

 

これを半分に切ります。

f:id:rasinban2:20200212182836j:plain

 

f:id:rasinban2:20200212182853j:plain

 

半分に切るとイチゴの香りがフワッと広がります。

生地はふんわりしており、白いカスタードはトロッとしててイチゴジャムと一緒に食べるとイチゴジャムの甘酸っぱさと合わさって美味しいです。

イチゴジャムの甘酸っぱさは単体で食べても美味しいですが、生地とカスタードに包まれた商品なだけあって、一緒に食べるとイチゴジャムの甘酸っぱさが中和されてより美味しいです。


大きさ的に普通に食べたら2口で食べ終わってしまいました(笑)

 

 

ラグノオささき様、ご馳走様でした。

 

 

今回紹介した商品はないですが、ラグノオの他商品

仙台駅1Fにある、そば・うどん 萩で冬限定の「旨辛ホルモンそば」が美味しかった。

今回は空腹を感じながらも忙しかったものもあり、すぐに食べれるところ、ということで仙台駅1Fにある「そば・うどん 萩」に寄ってきました。

 

f:id:rasinban2:20200212104641j:plain

 

地図

f:id:rasinban2:20200212113653p:plain

 

店頭にはおすすめ?が写真付きで何点か紹介されている中で、今回紹介する「旨辛ホルモンそば」を食べてきました。

f:id:rasinban2:20200212103007j:plain

 

続きを読む

吉永賢一さんの「東大家庭教師が教える頭がよくなる勉強法」で印象に残った所を抜き出してみた。

今回読んだのはこちらの本です。

 

自宅に数十冊と溜まってる本の中から、タイトルに惹かれて読んでみました。

 

早速、本文で印象に残った所を抜き出してみます。

 

P24~25

成績を上げるには次の3つの要素が必要だということに気がつきました。

①覚える(暗記)

②わかる(理解)

③慣れる(練習)

「覚える」とは、「何も見ないで、完全に再現できるようにする」ことです。

「わかる」とは、「意味がわかった!」と心の底から実感できることです。

「慣れる」とは、「覚える」「わかる」で身についた知識を繰り返すことで、無意識レベルで実行できるようにすることです。

勉強においては、「わかる」と「覚える」は最小限の量にとどめ、「慣れる」に重点を置くことが重要です。というのも、「慣れる」ための練習を通して、「覚えたつもり」「分かったつもり」になっている部分を見つけることができるからです。

それらを補完する作業を続けていくことで、知識を忘れないレベルに定着させていくことができます。

続きを読む

仙台駅構内のNew Daysでさいとう製菓の季節限定「みかんかもめの玉子(ミニ)」をたべたが、みかん!?オレンジ!?と混乱した!

はい、かもめの玉子シリーズを見ると自然と購買意欲が増すラシンバンです。

 

最近の日課として復活した仙台駅に寄ったらNew Days

散策。

f:id:rasinban2:20200204143602j:plain

 

そこで見つけたさいとう製菓の季節限定

「みかんかもめの玉子(ミニ)」9個入りで1058円

f:id:rasinban2:20200204233826j:plain

 

原材料:白餡、砂糖、小麦粉、還元水飴、植物油脂、うんしゅうみかん、鶏卵、マーガリン、乳糖、ココアバター脱脂粉乳麦芽糖、水飴、みかん、濃縮オレンジ果汁、オレンジソース、トレハロース、膨脹剤、乳化剤(大豆由来)、増粘剤(加工でん粉)、香料、酸味料(カロチノイド)、ビタミンC

 

原材料を見る限り、うんしゅうみかんは6番目なので、割合としてはそこまで多くないのか?

さらにみかんは14番目。

 

 

続きを読む

仙台駅構内のNew Daysで購入した陣中の「牛タン仙台そぼろ」が食べやすかった。

購入したのは普段通り2F改札口前のNew Days仙台8号店

 

f:id:rasinban2:20200204143602j:plain

 

購入した陣中の「牛タン仙台そぼろ」100g 680円

f:id:rasinban2:20200204143700j:plain

 

原材料:牛タン、醤油、砂糖、水あめ、みりん、生姜、食用ごま油、牛タンエキス、たまねぎ、天日塩、米麹、さとうきび抽出物、味噌、椎茸エキス、昆布粉末、オイスターソース、にんにく、/ph調整剤、着色料(カラメル色素、クチナシ)、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)、甘味料(甘草)(一部に小麦、乳製分、大豆、牛肉、ごまを含む)

 

(注意点)今回のレビューは商品を購入してから食べるまで1か月以上空いてしまっています。賞味期限は2020年3月なので問題はないですが、念の為記入しています。

 

f:id:rasinban2:20200204144425j:plain

香りを嗅ぐと食欲をそそる香りがします。牛タンの肉の香りと漬け込んだ調味料の甘い香り。

 

 

これを王道の白米の上にのせて食べる!

f:id:rasinban2:20200204145447j:plain

購入してから食べるまでが長かったせいか、漬け込みが一層増したのか瓶から取り出す最初の1回2回が重い(笑)

 

 

ここで思い出されるのが依然食べた「仙台ラー油」です。

味付けが濃くて、ご飯一杯で十分だった記憶が蘇る!

kasibaka.hatenablog.com

 

 

 

 

だが、今回の「牛タン仙台そぼろ」は杞憂でした。

食べてみると香りを嗅いだ時にイメージした味に近い味で、牛タンの旨味と醤油など漬け込んだ調味料の味が噛むと滲みだして美味しかったです。

そぼろにしてるので口当たりも柔らかく、白米との相性も良かったです。

 

 

陣中様、ご馳走様でした。