賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

宮城・仙台の情報や賢くなりたいおバカさんが足掻いてみるブログ。

仙台駅構内のおみやげ処せんだいで購入した仙台銘菓「伊達絵巻」を食べてみた。

【スポンサーリンク】

今回は仙台土産としては定番?の仙台銘菓「伊達絵巻」を食べてみました。

 

仙台駅構内を少し散策すると2Fのおみやげ処せんだいが向かい合って販売してたりと仙台駅構内の売店を寄ると見掛ける機会が多いかも?

 

購入した売店

f:id:rasinban2:20180907233341p:plain

 

 下記のずんだ茶寮の隣のお店で購入しました。

kasibaka.hatenablog.com

 

 

見掛けた売店

こちらには伊達政宗の兜を模したミニチュアのレプリカが置いてあったように思います。

f:id:rasinban2:20180907233031p:plain

 

店舗の大体の位置

f:id:rasinban2:20180907000826p:plain

 

 

購入した仙台銘菓「伊達絵巻」

「伊達絵巻」は萩の月で有名な菓匠三全の商品の一つで購入したのは12個入りで1300円

f:id:rasinban2:20180907001009j:plain

 

勇ましい伊達政宗と目が可愛い愛馬:五島(後藤黒や五島黒とも言う)のイラストがプリントされている。

上記のパッケージを剥がすと若返ったような伊達政宗と五島のテイストが変わったイラストが現れた。

f:id:rasinban2:20180907001952j:plain

 

上記のパッケージ裏

f:id:rasinban2:20180907002512j:plain

 

伊達絵巻のタイトルの元、3つの内容について紹介されている

1.伊達氏略系図

2.伊達政宗

3.寛文事件(伊達騒動

f:id:rasinban2:20180907002615j:plain

1.伊達氏略系図は初代:朝宗から17代目の政宗まで飛び飛びで紹介されている。

この伊達家の祖 朝宗は常陸国真壁郡伊佐荘中村に住み、伊佐あるいは中村を称していたが、文仁五年(一一八九)源頼朝の の欧州征伐に戦功があり、その恩賞として欧州伊達郡を与えられてより伊達氏を称した。

 

2.伊達政宗

伊達氏は代々武勇の誉高く、第十七代目の政宗に至って幾度かの合戦を経て、領地を拡大し近世大名としての基礎が出来、所領六十二万石、その藩域は現在の宮城県全域と岩手県南部、福島県浜通り北部にわたり、居城を米沢から岩出山、そして仙台へと移した。

政宗は秀吉の朝鮮の役に従事して功をたて、又、松島五大堂、塩釜神社大崎八幡宮、松島瑞巌寺の造営を行い、一六一三年には支倉常長をローマに派遣するなどの多くの業績を残した。

 

3寛文事件(伊達騒動

 政宗の後を忠宗、綱宗と継いだが、綱宗に不行跡(品行のよくないこと、身持ちの悪いこと)があって幕府より逼塞を命ぜられ、二十一歳で隠居した。

その跡をわずかに二歳の亀千代が継いだ(一六六0年)。

この頃、仙台藩は戦国の体制から脱皮して新しい体制に向かいつつあったが、幼君の御世継という非常事態をむかえ、後見政治の失敗からお家騒動が起こった。

しかし幕府は、この騒動は後見人及び家老の責任とし、幼君には直接関係なしとして伊達藩六十二万石の安泰が申し渡された。

その後、綱村(亀千代)は成長と共に堂々たる名君となり、学問の奨励、神社仏閣の建造などを行い、伊達藩文化の黄金時代を築いた。

この伊達藩の歴史を一つの絵巻物に表し、これに因んで銘菓「伊達絵巻」を世に送ることに致しました。

柔らかく、快い歯当たり、歴史に想いをはせるまろやかな味はきっと皆様に御満足戴けるものと存じます。 

 

 

 

短いような長いような伊達絵巻についての説明は上記までとして、お菓子としての「伊達絵巻」の紹介に戻ります。

上記の内箱のパッケージをスライドすると商品が顔を見せます。

f:id:rasinban2:20180907224753j:plain

 

f:id:rasinban2:20180907225351j:plain

 

味の方は「クリーム」と「あん」の2種類が入っています。

 

 

私はクリームからいただきました。

この角度だとクリームなのかあんなのか分からんな。

f:id:rasinban2:20180907225644j:plain

 

クリームが入ってるのが分かるのもしっかり撮りました!

f:id:rasinban2:20180907225707j:plain

 

包装はあん同様ですが、2重に包装されています。

 

クリームの原材料は卵、砂糖、小麦粉、還元水飴、澱粉、乳製品などが使用されている。

 

食べる前に冷蔵庫で保管してましたが、包装紙をはがし香りを嗅ぐとクリームと生地の香りが上手い具合に合わさって甘い香りを漂わせていました。

 

クリームを生地で包んでいますが、この生地は何層にも巻いて作られています。

冷蔵してたためか生地はちょっと固めでパサッとしている。本来の保存方法である直射日光、高温多湿を避けて保存すると生地はしっとりしていました。

クリームは滑らかで最後まで舌触りとして残りますが、甘さ自体はさほど感じないので、甘いのが苦手な方にも薦められるかもしれません。

ただ、1個の満足感が大きいです!伊達絵巻自体は大きくありませんが、この満足感は生地によるものだと思います。

焼き上げた生地を何層にも巻くことによって重さと噛む力を多少なりとも必要とする印象を受けた。実際は生地に層を作らなくても重さや固さは変わらないのかもしれませんが、最初に食べた時はそういう印象を受けました。

そして、カロリーがめっちゃ高そう!!!

 

 

 

続いて、あんを食べた感想。

f:id:rasinban2:20180907231526j:plain

こんどはあんが見えるように撮ったぞ!

 

f:id:rasinban2:20180907231608j:plain

あんの原材料は卵、砂糖、小麦粉、還元水飴、小豆、水飴などが使用されている。

 

あんも作り方はクリームと同様であり、生地に何を巻くかの違いだけ。

あんは香りを嗅いでも生地の香りだけする。

割ってみるとあんには水飴が使用されているので粘り気が見られた。

 

食べてみると餡の舌触りとあんの風味を感じることが出来る。

ただ、生地の卵の風味も強いためにあんの風味を感じられない時もあった。

 

これは、多分だがクリームは生地の卵の風味とは方向性が違うので分かりやすいが、あんは卵の風味と方向性が近く、且つ卵が勝っている時もあるので、あんの良さが分かりにくくなってるように私の舌では感じました。

 

 

 

菓匠三全様、ごちそうさまでした。

 

 

 

おみやげ処せんだいで購入した商品

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com