賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

宮城・仙台の情報や賢くなりたいおバカさんが足掻いてみるブログ。

日本の難読地名と由来~千葉編~(後編)

【スポンサーリンク】

 今回でラストを飾る日本の難読地名と由来~千葉編~(後編)です!

 

短いです!

 

千葉編の前編・中編1・中編2

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com

 

 

f:id:rasinban2:20180630145337g:plain

 

日本の難読地名と由来~千葉編~

 

 

 

 酒々井(しすい)

 

住所

千葉県印旛郡酒々井町

 

【由来】由来は「酒の井」伝説から来ている。

『昔むかし、印旛沼の近くの村に年老いた父親と孝行息子が住んでおった。※1父親はたいそう酒好きでな、親思いの息子は毎日一生懸命働いて父親に酒を買っていたんじゃ。ところがある日、どうしても酒を買う金がつくれずに、とぼとぼと歩いて家に帰ろうとしていた。

その時、道端の井戸から何とも良い香りが「ぷうん」としてきた。井戸の水をくんでなめてみると、それは本物の酒だったんじゃ。さっそく帰って父親に飲ませると、「こりゃうまい酒だ。ありがたい、ありがたい」とたいそう喜んだ。息子はそれから毎日、毎日井戸から酒をくんで飲ませたんじゃ。ところがこの酒は、親子以外の人が飲むと、ただの水になってしまうんじゃな。

「きっと、孝行息子の真心が天に通じたに違いない」とみんながほめたたえた。この酒の話しが広まり、村もいつか「酒々井」と呼ばれるようになったということじゃ。』

 

※1.サイトによっては年老いた両親との紹介もあるが、酒好きな父親と尽くす息子の話は共通している。

 

この「酒の井」伝説自体の由来はは酒々井区の円福院神宮寺に伝わる「孝子酒泉[こうししゅせん]」、「地名由来」、「伝承碑」伝説の3つからなる珍しい伝説です。
 「孝子酒泉」伝説は鎌倉時代に武士の子弟の教科書である『十訓抄[じっきんしょう]』に書かれている養老の滝説話※2が広まったとされています。酒の井伝説では「親子ともに酒」であり「酒」の部分が強調されています。また自然の湧水[わきみず]ではなく集落の井戸となっています。
 鎌倉時代の後期に武士の子弟に学問を教えた僧侶を通じて「孝子酒泉」の説話がこの地に流布されると、鎮守である麻賀多[まかた]神社の御神酒を造っていた円福院神宮寺の井戸が酒泉とされ「酒の井」伝説が成立したと思われる。
 酒の井が地名の由来となったと伝わりますが古くから地名は縁起の良い漢字二文字を使う「好字[こうじ]二文字」で名づけるのが習わしで三文字の地名はあまり例を見ません。おそらく印旛沼に面したこの土地は涌水の井戸が多く、「しゅすい(出水)」と呼ばれていて、文字には音(おん)が同じで豊かさを表す「酒(しゅ)」をあて、豊かさが繰り返すよう酒の文字を重ねて「酒酒井(酒々井)」と書いたのでしょう。十五世紀には「須々井」と書かれたことがありますが十六世紀以後は「酒々井」と書かれ、読みは「シュスイ・ススイ」となっています。
 さらに室町時代のはじめに、この神宮寺に幾つかの板碑[いたび](板石塔婆)が有力者により造られましたが、いつしか板碑は忘れ去られました。江戸時代となり、寺は小さくなり井戸も埋まりましたが、傍らの板碑が伝説を記念する「酒の井の碑」であると語られるようになりました。

そして江戸末期に国学者たちが古い書物に書かれた「盃の井」場所こそ酒々井の「酒の井」であるとして紹介したことから広く知られる伝説になりました。

 

※2 孝行息子が老父のために汲んだ湧水が酒に変わったという「養老孝子伝説」と思われる。

酒々井町 町名の由来 | 酒々井町ホームページ

酒々井風土記「1 酒々井のこと」

【酒々井町】酒の井戸!?名称由来にまつわる酒の井の碑へ 千葉ツーリング散歩

【水をめぐるストーリー】町名由来の「酒が湧く井戸」(酒々井町) - 産経ニュース

 

 

南波佐間(なばさま)

 

住所

千葉県四街道市南波佐間

 

【由来】※諸説あり。

1.山梨郷の南の狭間の意味の説。

 

2.古河公方上杉氏の軍が当地に陣を構えた際に総大将であった上杉朝定を南波様と呼んだことにちなむとする説。

 

3.「みなみ(方向)・はざま(狭間)」で南の丘陵部の狭い谷のある地という意味の説。

四街道市

【採集】南波佐間・千葉県四街道市 | 地方史愛好家 ab.nan27

 

 

鹿放ヶ丘(ろっぽうがおか)

 

住所

千葉県四街道市鹿放ケ丘

 

【由来】昭和22年6月、共同宿舎の建設にあたり、開拓予定地区の名称を自治会で公募しました。結局、その中にはなかった「鹿放ヶ丘」が採用されました。

これは、この地区が江戸時代以降「六方野」あるいは「六方原」と称していたことと、六方野(原)から小金野にかけて、鹿狩りが行われていたことにちなみ、鹿放(ろっぽう)ではどうかとの案が出されました。これには江戸時代に鹿を捕らえていたこの地が、今度は鹿たちを放ってあげたいという願いも込められているそうです。

丘は中心地の大日権現岡(通称大日山)の“岡”から囲みのない“丘”が採用されて、「鹿放ヶ丘(ろっぽうがおか)」と命名されました。

鹿放ヶ丘の歴史 | 四街道市鹿放ヶ丘 鹿放の風

https://www.chibanippo.co.jp/news/local/275662

 

 

 

番外編

 

 

猿楽場(さかくば)

 

住所※現在は住所としては使われていない。

千葉県印旛郡酒々井町本佐倉に「猿楽場」のバス停がある。

 

【由来】※諸説あり。

1.常勝山 妙胤寺の何代か前の住職が動物好きで、猿を飼って いたのでこの名前がついた説。  

 

2.猿楽が行われた場所であり、猿楽の座が本佐倉において興行を行ったとする説。

常勝山 妙胤寺 所 在 本佐倉字猿楽場557 宗 派 日蓮宗 中山法華経寺に属す 由 緒 寺伝によ

中世城郭と商工業者、遊芸人: 夜霧の古城

 

 

感想

 

想定してたよりも短くなってしまいましたが、面白い説話も紹介できたと思うので、良かったと思うことにします。

 

それでは、また~。

 

 

 関東地方の難読地名

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com