賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

宮城・仙台の情報や賢くなりたいおバカさんが足掻いてみるブログ。

仙台駅構内の食材王国みやぎで購入できる、具の9割牛タンの「仙台ラー油」を食べてみた。

【スポンサーリンク】

今回紹介するのは仙台駅1階(郵便局側)にある「食材王国みやぎ」で購入しました。

 

f:id:rasinban2:20180410133312j:plain

全国的に有名であろう、さいちのおはぎも置いてますが、販売時間帯に利用したことがないのでまだ、見たことないな。

 

 

こちらで購入したのはタイトルの通り、具の9割牛タンの「仙台ラー油」です。

 

f:id:rasinban2:20180410133830j:plain

 

 

昔、一時期流行った”食べるラー油”に乗っかった商品が残ったのかな?と思いました。

 

商品の値段は税込み750円で購入することが出来ます。

 

製造は宮城県の会社である株式会社陣中です。

 

陣中の公式サイトを見ると、直営店が仙台駅の2階にあります。

店名はおみやげ処せんだい1号と2号と2店舗あります。

なので、私が購入したのは食材王国みやぎですが、近い方で(大して変わらんが)購入すればいいかと思います。

 

また、今年である2018年4月1日には「全国的に有名な観光土産品」とし推奨状を頂いたことが公式サイトで発表されています。

 

ちなみに推奨状の有効期間は2020年3月31日までです。

牛タン専門店 陣中

 

 

ちょっとした豆知識はこれぐらいにして、商品を開けるとラー油にビタビタと浸った牛タン。

 

f:id:rasinban2:20180410135636j:plain

 

こちらを白米に乗せてみました。

f:id:rasinban2:20180410135955j:plain

 

一見するとタレで味付けされた牛肉を乗せたように見えます。

過去記事でも言ってますが、牛タン感が分からない。

これは私の中のイメージに牛タン定食で見るような、あの肉厚があるせいだと今回やっとこさ、その考えにたどり着きました。

 

この仙台ラー油、食べてみると甘辛いです。

ラー油に浸してるので辛いのは当然ですが、砂糖やオイスターソース・さとうきび抽出物なども原材料に含まれているために甘辛く仕上がっています。

 

牛タンは上記の画像を見て分かるように一口大かそれよりも小さいのがゴロゴロ入っています。

食感については牛タンによってバラバラです。

柔らかいのもあれば固いのもあります。

多くは柔らかいように思いました。

 

また、具の9割が牛タンには嘘がありません。

私は具の割合を意識しないで食べると牛タン以外入ってないんじゃないかと思うぐらい牛タン以外の存在感に気付きませんでした。

 

味感想に戻りますが、甘辛く美味しくはありますが、味付けが濃いです!

白米で食べる場合、私は上記のご飯一杯で十分でした!

 

この仙台ラー油、白米以外に何とセットで食べるのがおすすめか、知りたい!

自分が好きなラーメンのトッピングで食べるのも良さそうだが、何味がいいだろうか?

 

食べることが好きな方、教えて!

 

 

陣中さん、ごちそうさまでした。

[rakuten:macaron-store:10007822:detail]

 

 

食材王国みやぎで購入した商品

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com