賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

三十路元ニートの当選品の報告と興味を持ったことを紹介するブログです。 記事の無断転載はお止めください。合わせて当ブログの記事やリンク先から損失や損害が発生したとしても、当ブログでは責任を負いかねます。

日本の難読地名と由来~北海道編~(中編2)

【スポンサーリンク】

北海道編の前編・中編1はこちら

 

kasibaka.hatenablog.com

kasibaka.hatenablog.com

 

 

 日本の難読地名と由来シリーズ~北海道編~の中編2回目を紹介します。

 

f:id:rasinban2:20180131232924g:plain

 

北海道の難読地名と由来

 

 

 

訓子府(くんねっぷ)

 

住所

北海道常呂郡訓子府町

 

【由来】※アイヌ語の「クンネプ」とされるが、意味は

諸説あり。

1.「黒い・ところ(川)」の説。

 

2.「黒いところ、やち川にして水黒し」の説。

訓子府町はこの説を採用している。

 

3.「黒いところ、湿地が多く小川の水が黒い」の説。

町名の由来と歴史

訓子府町 - Wikipedia

訓子府町(くんねっぷ)とは - コトバンク

 

 

丸瀬布(まるせっぷ)

 

住所

北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利

 

【由来】アイヌ語の「マウレセプ」あるいは「マウレセップ 」(3つの川の集まる広い所)に由来。

丸瀬布町 - Wikipedia

丸瀬布(まるせっぷ)とは - コトバンク

 

 

興部(おこっぺ)

 

 

住所

北海道紋別郡興部町

 

【由来】アイヌ語の「オウコッペ」(川尻・互いにくっつく・もの(川))に由来。

町の西部を流れる興部川と藻興部川が、かつては合流しオホーツク海に注いでいたことからとされる。

興部町 - Wikipedia

北海道興部町| プロフィール

 

 

雄武(おうむ)

 

住所

北海道紋別郡雄武町

 

【由来】アイヌ語の「オムイ」あるいは「オム」(河口が塞がる)に由来する。

雄武川の河口は、嵐の時には、川から流れ出る水よりも、海から打ち寄せる波のほうが強く、河口が塞がってしまうため、このような名称がついたと言われています。

シンボル・歴史・地名の由来 | 北海道雄武町

雄武町 - Wikipedia

 

 

壮瞥(そうべつ)

 

住所

北海道有珠郡壮瞥町

 

【由来】アイヌ語の「ソーペツ」あるいは「ソー・ペッ」・「ソウベツ」(滝の川)が転化し「壮瞥」となった。

壮瞥町では最初の「ソーペツ」を採用している。

 

由来になった滝は洞爺湖から壮瞥川が流れ出す地点にかかる瀑布「壮瞥滝」とされる。

町の概要|壮瞥町ホームページ

壮瞥町 - Wikipedia

 

 

新冠(にいかっぷ)

 

住所

北海道新冠郡新冠

 

【由来】アイヌ語の「ニカプ」(ニレの木の皮)に由来する。

新冠町 - Wikipedia

新冠(町)(にいかっぷ)とは - コトバンク

新冠町(にいかっぷ)とは - コトバンク

 

 

鳧舞(けりまい)

 

住所

北海道日高郡新ひだか町三石鳧舞

 

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり、正確な由来は不明。

1.松浦武四郎の説。

ケリヲマフ。ケリ(魚の皮の沓)があるところ。

かつて戦に負けた一団が籠城するうちに食料が尽き、ケリまでも食べたことから。

※沓は靴のこと。

 

2.松浦武四郎の説。

ケロマプ。ケロ(ヒザラガイ)のあるところ。

ヒザラガイ多板綱(たばんこう)とも呼ばれる軟体動物の一群。

扁平な体で、背面に一列に並んだ8枚の殻を持っている。

 

3.更科源蔵の説。

「ケニ・オマ・プ」(ひるがおの根のある処)の説。

ひるがおの根は食料になった。

 

4.永田方正の説。

ケリ マㇷ゚ 履燒場 土人飢餓ニ堪ヘズ鞋皮履キテ燒キ食ヒシ處ナリト云フ○鳧舞村

ケリ マㇷ゚(靴・焼く・ところ)の説。

鳧舞川 - Wikipedia

アイヌ語地名の傾向と対策 (331) 「鳧舞・シュムロ川・本桐」 - Bojan International

 

 

足寄(あしょろ)

 

住所

北海道足寄郡足寄町

 

【由来】アイヌ語の「エショロ・ペッ」(他には「エソロペッ」あるいは「アショロペツ」)とされ、意味は(沿って下る・川)に由来する。

釧路方面から川沿いに十勝や北見に来るための道になっていたとされる。

足寄町 - Wikipedia

足寄(町)(あしょろ)とは - コトバンク

足寄町 | とかち晴れ

 

 

小利別(しょうとしべつ)

 

住所

北海道足寄郡陸別町小利別

 

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.利別は「トゥシ・ペッ」(縄の川)の説。

それよりも小さい川だから。

 

2.アイヌ語の「ポントシベツ」(小さい蛇川)の説。

 

3.アイヌ語の「ポントシベッ」(子である利別川)の説。

 地名 | 虫の知らせ

 小利別駅(しょうとしべつ):ふるさと銀河線 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

「小利別」の地名の由来

読めますか!!「染退」「鳧舞」「足寄」「小利別」北海道難読地名ー33:北海道からイランカラプテ:So-netブログ

 

 

押帯(おしょっぷ)

 

住所

北海道中川郡本別町押帯

 

【由来】アイヌ語の「オシオプ」(川口の川床が箱のように深い)に由来。

押帯(おしょっぷ):難読地名 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

アイヌ語地名の傾向と対策 (106) 「勇足・押帯・居辺」 - Bojan International

 

 

負箙(おふいびら)

 

住所

北海道中川郡本別町負箙

 

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.アイヌ語の「ウフイ・ピラ」(燃える崖)の説。

勇足駅(ゆうたりえき)の利別川向い、この付近の川岸の崖が煙をはいていたので、ウフイ・ピラ(燃える崖) と呼ばれていた。

 

2.アイヌ語の「オフイ・ピタラ」(燃えている・河原)の説。

負箙の隣にある「勇足」という地名の旧名が「エサンピタラ」のため、負箙も実は「オフイ・ピタラ」とする説。

※明治期の地形図には「オフイピタラ」とあるそうです。

アイヌ語地名の傾向と対策 (209) 「美蘭別・ラウンベ川・負箙」 - Bojan International

http://placename-best100.net/post-171.html

 

 

跡永賀(あとえか)

 

住所

北海道釧路郡釧路町跡永賀村

 

【由来】アイヌ語の「アトゥイ・オカケ」(海の跡)に由来。

アイヌ語地名の傾向と対策 (97) 「初無敵・冬窓床・跡永賀」 - Bojan International

釧路町 - Wikipedia

読めますか!!「跡永賀」「老者舞」「来止臥」「賤夫向」北海道難読地名ー35:北海道からイランカラプテ:So-netブログ

 

 

老者舞(おしゃまっぷ)

 

住所

北海道釧路郡釧路町仙鳳趾村老者舞

 

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.アイヌ語の「オ・イチャン・オマプ」(川尻に鮭鱒産卵場がある)の説。

 

2.アイヌ語の「オサマッキプ」(川尻に倉のような岩がある場所)という説。

おそらくこの倉とは大黒岩にことだろうといわれている。

なんて読む? 日本の珍地名「老者舞」 - ITmedia LifeStyle

道東観光情報根室地方

http://placename-best100.net/post-108.html

 

 

来止臥(きとうし)

 

住所

北海道釧路郡釧路町昆布森村来止臥

 

【由来】アイヌ語の「キト・ウシ」(ギョウジャニンニクがあるところ)に由来。

来止臥の読み方: 難読漢字大辞典

来止臥(釧路町)

 

 

 喜登牛(きとうし)

 

住所

北海道足寄郡足寄町喜登牛

 

【由来】 アイヌ語の「「キト・ウシ」(ギョウジャニンニクの根の所)あるいは (ぎょうじゃにんにく・群生する)に由来。

http://hokuchimei.web.fc2.com/indexT14tokachi.html

礼文島の地名

 

 

 初無敵(そむてき)

 

住所

北海道釧路郡釧路町跡永賀村初無敵

 

【由来】アイヌ語のト・ウン・テㇰ(沼であるような)に由来。

アイヌ語地名の傾向と対策 (97) 「初無敵・冬窓床・跡永賀」 - Bojan International

 

 

知方学(ちぽまない・ちっぽまない)

 

住所

北海道釧路郡釧路町仙鳳趾村知方学

 

【由来】※アイヌ語の「チプオマナイ」に由来するとされるが、意味は諸説あり。

1.「河口に魚がたくさん集まる川」の説。

 

2.「舟のある川」の説。

知方学(ちぽまない):難読地名 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

難易度S級がずらり!北海道釧路町の難読地名地帯 | pecodrive

いくつ読める?釧路町の「難読地名ロード」を走ってみた | 北海道Likers

 

 

入境学(にこまない)

 

住所

北海道釧路郡釧路町仙鳳趾村入境学

 

【由来】アイヌ語の「ニ・オマ・ナイ」(流木のある川)あるいは(川尻に流木の集まる川)に由来。

読めますか!!「初無敵」「知方学」「入境学」「冬窓床」北海道難読地名ー36:北海道からイランカラプテ:So-netブログ

入境学(にこまない):難読地名 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

 

 

冬窓床(ぶいま)

 

住所

北海道釧路郡釧路町跡永賀村冬窓床

 

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.「プイ・モイ」(穴の入江)の説。

 

2.語源は不明だが、意味は(海の中に立っている岩)の説。

 

3.「ブユモイ」(穴のある立岩)の説。

アイヌ語地名の傾向と対策 (97) 「初無敵・冬窓床・跡永賀」 - Bojan International

冬窓床(ぶいま):難読地名 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

道東観光情報根室地方

 

 

又飯時(またいとき)

 

住所

北海道釧路郡釧路町昆布森村又飯時

 

【由来】アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.語源は不明だが、意味は(海の瀬の荒いところ)の説。

 

2.アイヌ語で「マタ・エトㇰ」(冬・水源)の説。

 

3.アイヌ語で「ワッカ・タ・エトㇰ」(水を・汲む・みなもと)の説。

いくつ読める?釧路町の「難読地名ロード」を走ってみた | 北海道Likers

アイヌ語地名の傾向と対策 (100) 「又飯時・春採・釧路」 - Bojan International

 

 

分遣瀬(わかちゃらせ)

 

住所

北海道釧路郡釧路町仙鳳趾村分遣瀬

 

【由来】アイヌ語の「ワッカ・チャラ・セ」が由来とされ、意味は諸説あり。

1.「水がチャラチャラ流れる」の説。

 

2.「水が滝となって落ちているところ」の説。

 

3.「水・チャラチャラと滑り落ちる」の説。

読めますか!!「又飯時」「分遣瀬」「重蘭窮」「愛冠」北海道難読地名ー37:北海道からイランカラプテ:So-netブログ

いくつ読める?釧路町の「難読地名ロード」を走ってみた | 北海道Likers

アイヌ語地名の傾向と対策 (96) 「分遣瀬・賤夫向・入境学」 - Bojan International

 

 

重蘭窮(ちぷらんけうし)

 

住所

北海道釧路郡釧路町仙鳳趾村重蘭窮

 

【由来】アイヌ語の「チプランケウシ」(船を下ろす所)に由来。

歴史的には、山で船を作り、重蘭窮にて船を海へ下ろしていた過去があるそうです。

なんて読む? 日本の珍地名「重蘭窮」 - ITmedia LifeStyle

重蘭窮(ちぷらんけうし):難読地名 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

アイヌ語地名の傾向と対策 (94) 「重蘭窮・仙鳳趾・尻羽岬」 - Bojan International

 

 

愛冠(あいかっぷ)

 

住所

北海道足寄郡足寄町愛冠

 

【由来】アイヌ語の「アイカップ・ピラ」(矢の届かぬ崖)に由来。

猟に行くとき、がけに矢を射かけて運をためす風習があるが、ここはその矢が容易にがけに達しなかったところから、名づけられたといわれている。

アイヌ語地名の傾向と対策 (211) 「鷲府・愛冠・カムイロキ山」 - Bojan International

愛冠駅 - Wikipedia

愛冠駅(あいかっぷ):ふるさと銀河線 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

 

 

厚岸(あっけし)

 

住所

北海道厚岸郡厚岸町

 

【由来】※語源はアイヌ語とされるが、諸説あり。

   古くは悪消・厚結子・渇結失などとも書いた。

 

1.「アッケウシイ」(オヒョウニレの樹皮・はがし・いつもする・所)に由来。

 

2.「アッケシト」(オヒョウニレ・下の・沼)に由来。

 

3.「アッケシイ」 (カキのいるところ)に由来。

 

4.「アツケウシ」(アツシ草を剥ぐ所)に由来。

厚岸町の歴史物語 | 厚岸町の歴史 | 厚岸町の歴史・文化財 | 厚岸町の紹介 | 北海道厚岸町

厚岸町 - Wikipedia

厚岸町(あっけし)とは - コトバンク

「厚岸」の地名の由来

 

 

奔渡(ぽんと)

 

住所

北海道厚岸郡厚岸町奔渡

 

【由来】古くはホントウと言った。

アイヌ語のポントー(小沼・子沼)に由来し、厚岸湖をポロトー(大沼・親沼)と呼んだことに関連する。

アイヌ語地名の傾向と対策 (92) 「床潭・奔渡・パラサン岬」 - Bojan International

 

 

標茶(しべちゃ)

 

住所

北海道川上郡標茶町

 

【由来】アイヌ語の「シペッチャ」(大きな川のほとり)に由来。

語源のとおり町の中心に母なる川「釧路川」をはじめ、

別寒辺牛川、西別川の三大河川により産業と開拓の歴史が刻まれている。

標茶町の由来とあゆみ|行政情報|標茶町ホームページ

標茶町 - Wikipedia

 

 

 感想

 今回のでは愛冠や奔渡などの由来が印象的でした。

アイヌ語由来の地名は当て字と思われるのが多いので、読むことは困難に思います。

 

標茶を例に言うと、私は読めない。

 

漢字からは意味の(大きな川のほとり)に通じる漢字が使用されていませんし、(しべちゃ)の読みを教えてもらってもアイヌ語の「シペッチャ」を知らないと「どうしたらそう読むんだ!??」と私ならなりそうです(笑)。

 

他の都道府県でも多少なりとも当て字のはありますが、そうなったエピソードが残ってるのが多いので、まだ、記憶に定着しやすいですが、北海道のはアイヌ語と言う一つの言語を覚えないと地名の読みは覚えれても、由来となった語源や意味まで覚えるのは難しいよな~と思います。

 

まあ、私には困難だからこんな感想になるんですがね!(笑)

 

 

北海道編の続編はこちら

 

kasibaka.hatenablog.com