賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

宮城・仙台の情報や賢くなりたいおバカさんが足掻いてみるブログ。

障害者が一人暮らし・シェアハウスで生活できるよう支援してくれる所が全国に何件あるか調べてみた。

【スポンサーリンク】

f:id:rasinban2:20180811152612j:plain

 

最初にタイトルの内容に行く前に、今回の記事作成のキッカケになった記事と障害者の一人暮らしを支援する法律について紹介したいと思う。

 

 

記事作成のキッカケになったのは一時期とっていた朝日新聞の記事です。それは知的障害者がシェアハウスで生活する内容の物でした。

※↓は現在は削除されています

知的障害者、住まいをシェア 自立生活、障害のない人とともに:朝日新聞デジタル

 

↓は朝日新聞の記事ではないですが、上記の記事に出てきた方が出てます。

げんちゃん、みんなを変えた 知的障害者が一人暮らしすること  

引用:2017年5月17日当時の記事。

生まれつき重度の知的障害がある福井元揮さん(24)、通称・げんちゃん。

元輝さんがシェアハウスに暮らし始めて3年が経つ。どこに出かけるのも、誰と会うのも、何を食べるのも自由な生活の一方、24時間誰かの見守りが必要。

ただ、自立生活を始めてから自分でできることが増え行動範囲も広がった。

げんちゃんは1992年、妊娠24週の早産で生まれた。重度の知的障害を持ち、体を揺らしたり大きな声を出したりなどの行動障害もある。

 

一人暮らしのきっかけは母親が元輝さんの介護に加え、認知症を発症した両親の介護も出て来たからだ。自分(母親)に何かあった時に息子はどうなるのか?と言う不安からだった。

 

そんな中当時、元輝さんのの外出の付き添いサービスを行なっていたNPO法人風雷社中理事長の中村和利さんから、「自立生活を考えてみませんか?」と持ちかけられた。

 

統計は見当たらないが、30年前から知的障害者の自立を支援している市民団体「たこの木クラブ」代表の岩橋誠治さんによると、一人暮らしをしている重度知的障害者は全国で100人もいないとみられている

意思疎通が難しいことや、専門性の求められる介護人材が不足していることなどが、自立生活を阻む。両親による世話がままならなくなると、自宅から遠く離れた入所施設やグループホームに移ることがほとんどだ。

 

元輝さんがシェアハウスで暮らすための後押しは制度にもあった

夜間も含めた長時間の見守りを可能にする重度訪問介護制度が、2014年から行動障害を伴う重度の知的障害者にも適用されることが決まり、制度上も自立生活を支援しやすくなったタイミングだった

 

元輝さんは1年間、週1回のお試し宿泊を続け、一緒に泊まって世話をするヘルパーも受け入れた。

14年5月、3階建ての一軒家を借り、2、3階をシェアハウスにして、最上階をげんちゃんの新居に決めた。2階は一般男性が借り、一階は地域に開かれたイベントスペースに。通所施設で過ごす平日の日中以外はヘルパーが付き添い、元輝さが自分で創る生活が始まった。

 

皿洗いなどの家事や映画や買い物のために外出・1回のイベントスペースを使った交流を経て、2017年公営住宅に申し込み、シェアハウスではない本格的な一人暮らしに挑戦しようとしている。

 

 

障害者の一人暮らし・シェアハウスについて調べてみると平成28年4月1日から障害者差別解消法が施行されていました。

(知らなかったー)

障害者差別解消法リーフレット(わかりやすい版) - 内閣府

障害者差別解消法のポイントをわかりやすく説明します | | TRENDERS NET  

 

障害者差別解消法とは「不当な差別的扱い」と「合理的配慮をしないこと」に分けられます。

 

不当な差別的扱いとは「障害がある」と言う理由だけで、スポーツクラブに入れなかったりアパートを貸してもらえないことなどを言います。

 

合理的配慮をしないこと聴覚障害の方に声だけで話すなど、障害に適した配慮がされていないことをいいます。

 

 個人的には上記の法律の不当な差別的扱い「障害がある」と言う理由だけアパートを貸してもらえないでは別な理由を挙げれば問題ないとも捉えられるので、現場では施工前と後では障害者の方がアパートを借りるハードルが下がったのか変わらないのかなど、1年後か数年後かにアンケートを取って欲しい所です。

 

 

また、平成30年4月1日には自立生活援助と言うサービスが施行された。これは障害者支援施設やグループホーム等を利用し ていた障害者で一人暮らしを希望する方に提供されるサービスである

以下引用

★自立生活援助事業とはどんなサービス
 障害者が安心して地域で生活することができるよう、グループホーム等地域生活を支援する仕組みの見直しが求められていますが、集団生活ではなく賃貸住宅等における一人暮らしを希望する障害者の中には、知的障害や精神障害により理解力や生活力等が十分でないために一人暮らしを選択できない人がいます。

このため、障害者支援施設やグループホーム等から一人暮らしへの移行を希望する知的障害者精神障害者等について、本人の意思を尊重した地域生活を支援するため、一定の期間にわたり、定期的な巡回訪問や随時の対応により、障害者の理解力、生活力等を補う観点から、適時のタイミングで適切な支援を行うサービスです。


★対象者
障害者支援施設やグループホーム等を利用していた障害者で一人暮らしを希望する者等。


★支援内容
 ・定期的に利用者の居宅を訪問し、食事、洗濯、掃除などに課題はないか公共料金や家賃に滞納はないか体調に変化はないか。通院をしているか地域住民との関係は良好かなどについて確認を行い、必要な助言や医療機関等との連絡調整を行います。
 ・定期的な訪問だけではなく、利用者からの相談、要請があった際は、訪問、電話、メール等による随時の対応も行います。

自立生活援助事業ってどんなサービス?(平成30年4月1日施行となる改正障害者総合支援法で新たに創設されるサービスです)2017.5.30 - 埼玉県入間市障害者基幹相談支援センター

 

 

 ここから本題の障害者の一人暮らし・シェアハウスを支援してくれる事業所が何件あったのかご紹介します!

 

リンク集

 ※リンク先を貼ってはいますが、事業所として信頼・信用を保証するものではありません。

また、趣旨からズレてるのもあると思いますが、管理人である私が紹介したいと思ったものとして理解していただけるとありがたいです。

 

 

北海道

・元気さーち

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課が運営しているサイトです。

こちらでは「空き情報を検索する」からサービスの種類を選び検索することが出来ます。

ちなみに自立生活援助は「生活サポートセンターみなぱ」の1件だけです。

元気さーち 札幌市障害福祉サービス事業所等空き情報ホームページ|空き情報を検索する|検索結果

 

 

青森県

・(医)芙蓉会 地域活動支援センターすばる

実際の居住支援の事例で「統合失調症の30代女性 で一人暮らし」がありました。

障がい者の理解と 居住支援

 

NPO法人 むつ下北子育て支援ネットワークひろば

引用

一人暮らし高齢者や障がい者など生活不安を抱える方を対象 に、居室や食事の提供をし、軽度の介助等生活支援サービスを行います。

利用料 
賃料23,000円(4.4畳)または30,000円(6.0畳)

電気料各個室のメーターにより支払

管理費月額5,000円共有スペースの光熱水費・日用品・町内会費等の経費【冬期間(11月~4月)は共有スペース暖房費月2,000円を加算する】

食費昼と夜の2食提供【日曜日、祝日及び正月やお盆並びにひろばの指定する日は食事はありません】【1食の場合は12,500円・2食の場合は25,000円】

宿泊体験入所 
宿泊体験入所は、当所に空き部屋があるときのみで、食費込で1日

2,000円です。
レスパイトケア(一時預かり)の利用料は、夜間は1,000円/h昼間は800円/hでいずれも食費別とします。

ふれあいホームひろば - NPO法人 むつ下北子育て支援ネットワークひろば【公式ページ】

 

・賃貸EX

青森県青森市の障害者賃貸の文字はあるがバリアフリーなどの情報がないため、どういう意味があるのか不明

青森県青森市の障害者賃貸【賃貸EX】対象者全員に5万円、さらに抽選で毎月1名様に10万円チャンス

 

青森県内の障害者支援施設等の一覧2(旧法の知的障害者支援施設等の一覧)

知的障害者を対象にしたリンク集になっています。

青森県内の障害者支援施設等の一覧2(旧法の知的障害者支援施設等の一覧)|青森県庁ウェブサイト Aomori Prefectural Government

 

 

岩手県:見つからず

 

 

宮城県

・ドリーム・ゲート 

在宅の障がいを持つ方へ介助者派遣を行っている。その他身体障害を持つ方で一人暮らしや地域に住みたいと思う方の支援、相談を行っている。

みやぎNPO情報ネット

 

・仙台 ひらく

障害者を対象にひらく所有の賃貸アパートの提供をしているみたいです。

2018年7月17日当時、賃料3万7千円の八木山の物件が4部屋残っているそうです。

障害者のシェアハウス・賃貸アパートをご紹介、住まいのサポート - 仙台 ひらく|障害者就労移行支援|旧manaby二日町事業所|精神・身体・知的

 

NPO法人みやぎこうでねいと

精神障害者知的障害者・高齢者を対象に住まいの提供、入居後のサポートなど、トータルな居住支援をされてるそうです。

www.m-koudeneito.or.jp/home... - 楽天ウェブ検索

 

・CILたすけっと 自立生活センターin仙台市

“どんなに重い障がいがあっても地域であたりまえに生活がしたい!”そんな思いの障がい当事者が中心となり活動している団体です。どんなに重い障がいがあっても、地域であたりまえな生活ができる社会を目指す運動をとおして、“誰もが暮らしやすいノーマライゼーション社会”の実現を目指す仲間が集まり活動している任意団体です。

一人暮らし(自立生活)をするための方法!!〜地域で自分らしい生活を送るために〜-CILたすけっと 自立生活センターin仙台市 ≪公式ブログ≫

 

 

秋田県

・医療法人回生会秋田回生会病院

生活訓練事業所「紫陽花」を利用し将来的に一人暮らしを考えている方などが利用できる。

生活訓練事業所「紫陽花(あじさい)」 - 医療法人回生会 秋田回生会病院

 

山形県:見つからず

 

福島県

・いわき自立生活センター 

障がい者地域生活支援施設 ぐんぐん」と障がい者の一人暮らしを支援する「シェアハウス すいすい」があるらしいが、「すいすい」の情報がHPでは見つからず。

認定NPO法人いわき自立生活センター(団体ID:1913758817)/団体情報 | CANPAN

 

茨城県

社会福祉法人ユーアイ村

グループホームです。費用は1か月約55,000円

社会福祉法人・ユーアイ村|知的障害者グループホーム・ユーアイホーム

 

・会福祉法人木犀会

ケアホームです。高次脳機能障がいを持った障がいの方が主ですが、知的・精神の方も入居されてるそうです。

茨城県 福祉|木犀会 | ケアホーム かすみ

 

社会福祉法人 明清会  障害者支援施設 ほびき園

地域定着支援がある。地域で一人暮らしをする方、家族と同居していても支援を受けられない方を対象に、地域生活を継続していくための緊急相談や訪問などの支援を行う。

相談支援 | ほびき園|障害者支援施設 茨城県かすみがうら市

 

特定非営利活動法人 SMSC

男性用・女性用のサポートシェアハウス(グループホーム)を運営している。

サポートシェアハウスにししろ|特定非営利活動法人SMSC

 

栃木県

社会福祉法人 ブローニュの森

アパート探しを一緒にしてくれます。

社会福祉法人 ブローニュの森|栃木県佐野市|地域リハビリテーション|精神障害|EM石けん

 

 

 

 

 

 

群馬県

群馬県 - 指定共同生活援助事業所

 

 

千葉県

http://www.selp-g-h.or.jp/index.html

 

 

東京都

暮らす | NPO法人ぱれっと 

朝日新聞の記事に出てきた事業所

 

東京ホーム連

 

特定非営利活動法人風雷社中 |事業所情報|福ナビ 

朝日新聞の記事に出てきた事業所

 

 

神奈川県

共同生活援助 ふわり 特定非営利活動法人 たすけあい泉

 

 

富山県

社会福祉法人南陽園は生活介護支援や就労型支援に努める石川県加賀市の社会福祉施設

 

 

石川県

社会福祉法人南陽園は生活介護支援や就労型支援に努める石川県加賀市の社会福祉施設

 

 

大阪府

シェアハウス中井とは | 大阪市平野区のコミュニティーマンション | シェアハウス中井

藤井寺の障がい者グループホーム・生活介護作業所運営・不知火

 

 

奈良県

奈良県奈良市の福祉サービス、相談支援|株式会社サンケア

 

 

島根県

社会福祉法人 島根ライトハウス(公式ホームページ)

 

 

広島県

トップページ|社会福祉法人 尾道のぞみ会

 

 

福岡県

特定非営利活動法人 nest

 

 

佐賀県

精神障害者のためのグループホーム一覧 (佐賀市内限定)

 

 

熊本県

シェアハウスすずのわ@くまもと

 

 

宮崎県

http://www.mahorobaweb.com/index.html

 

 

沖縄県

シェアハウス|就労継続支援B型事業所 すまいる

 

 

感想

 一障害者としても気になったので調べましたが、率直な感想としては全国の事業所が少ないです。

もちろん、さらっと調べただけなので全部網羅出来ているとは思っていませんし、検索でヒットした中には最新の更新が数年前のもあり、それらについてもHPの移動の可能性もある中、詳しく調べず除外してるので掲載情報が減っています。

 

それでも、障害者の自立と言うテーマは、関心とニーズが低いように今回調べて感じた

世論の関心が高まらないと障害者への支援活動も限定的になってしまうのかなと思います。