賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

三十路元ニートの懸賞とその他ブログ 提供している記事やリンク先から損失や損害が発生したとしても、当ブログでは責任を負いかねます。

カエルの鳴き声が聞こえ始めた。

最近暑い日が続いたためか、カエルの鳴き声が聞こえる。

 

ゲコゲコと、カエルの鳴き声は私にとって夏の到来を感じる。

 

小さいときにアマガエルを捕まえた時は暑かったからか。

 

今は子供の頃のように触れるだろうか?小さい時は好奇心も旺盛で爛々とした目で必死に手で囲んだりしたが、今はふひゃあ!とか情けない声を上げたり、虫捕り網で取るのが精一杯かもしれない。

 

童心に帰ったのはいつだっただろうか?帰ったことがあるだろうか?

分からない。でも、子供の頃の気持ちに戻るような経験はしてみたい。

 

 

 

 

蛙の季語

 

蛙について調べてみると、蛙は春の季語だ。

厳密に言うと、その年の最初に聞く蛙の声を初蛙などと言う。

 

蛙でも夏の季語になる蛙もいる。

私の思い出の雨蛙、ほかには蟇/蟾蜍(ひきがへる)、蟾(ひき)、蝦蟇(がま)河鹿(かじか)は夏の季語の蛙だ。

 

河鹿は和歌の題材になるほどの美声である。

河鹿は山口県南桑カジカガエル生息地と岡山県の湯原カジカガエル生息地が生息地として国の天然記念物に指定されている。

 

 

参考にしたサイト様

カエル - Wikipedia

蛙 (春の季語:動物): 季語めぐり 〜俳句歳時記〜

南桑カジカガエル生息地|観光情報|山口県の旅行・観光情報 おいでませ山口へ

[真庭市] カジカガエル生息地

広告を非表示にする