賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

三十路元ニートの懸賞とその他ブログ 提供している記事やリンク先から損失や損害が発生したとしても、当ブログでは責任を負いかねます。

介護職に就いて数か月、居場所の確保を失敗した?

ヤバイ!過剰に感じてる部分もあると思うが、上手くはいかなかった。

 

 

一番の理由はコミュニケーション能力の低さ。

言い方を変えれば、コミュニケーションを取ろうとする積極性の低さ。

 

 

勤め始めてから同僚に対して、仕事の内容について以外で、自分から話しかけることが少ない。

いわゆる雑談系。

 

利用者の方々とは自分から話しかけることが出来るが、同僚との違いはなんなのか。

 

1.利用者と話すことは仕事の一環だから

2.利用者の方が積極的に話しかけてくれる方が多いので、利用者に話しかけるハードルが自然と下がった可能性

3.同僚は仕事仲間の思いが強くて、仕事に関係すること以外はあまり話さない方がいいのかなという思いの強さ。

4.相手に対する関心の度合い。

利用者だと体や家族などの背景を知っといた方がいいと思うが、同僚だとプライベートなことは聞かない方がいいのかなという思いが私にあるから。

 

 

今、考えつくのはこれぐらいかな。

職場で居場所を作るには第一に仕事を覚えることだと思うが、同時にコミュニケーションを自分から取っていくことが大事だと思う。

 

そのためには、相手への興味・関心を持つようにする。

相手の何を知りたいのか、例えばこの職場は何年目なのか、前職も介護だったのかなど、自分がその人の何を知りたいかを考えて聞いていく。

 

それを積み重ねていけば、自然と話しかけることが出来るようになると思うし、話しかけられた時のリアクションも変に作ったりしないようになると思う。

 

現在の私は職場の方が近くに来ると何か話しかけなきゃ!と考えて緊張したり、他の職員同士が話してるのを見て、疎外感に近い物を感じている。

もっと自然体でいられるように普段からコミュニケーションを取る機会を増やしていきたい。