賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

社会復帰した三十路元ニートのブログ

半生:就職活動

リフォームプログラムが終了したことで、次のステップを踏むことになりました。

一般企業に勤めるために求人に応募することになりましたが、私はめちゃくちゃ嫌でした!!!!!

求人に応募する手段としては求人誌かハローワークの二つを考えていました。
ですが、上記で触れてるように応募するのが嫌でした。

仕事への不安はもちろんですが、応募するための一歩を踏み出すのに相当な勇気が必要でした。具体的には求人誌の場合、応募するためには自分で電話をしないといけないわけですが、まず、これがとにかく嫌です。顔が見えない相手と話すことは私にとって緊張して落ち着いて話すことができなくなります。

ハローワークの場合は電話は担当の方がしてくれますが、応募するためには持っていくのに勇気がいります。毎回、検索した求人票を持って帰ることが多かったです。

どちらも面接に直結する一歩を踏むことに足踏みしてました。


リフォームプログラムが終了してもこんな状態だったので、就職活動をしていこうと言われてからの週1回、1時間の面談が来るたびに気がものっ凄く重く、担当の方に失望されようと1時間耐えれば!次の面談は1週間後だ!と、求人応募はせず、逃げていました。ただ、PSCに行くのを止める、という選択肢はありませんでした。バックレたいとは毎回思ってましたが(笑)


とはいえ、逃げることに対しても限界は感じてましたし、私は誰かにお尻を叩かれるほうが行動に移せるのかハローワークで自宅から近い駐車場の清掃のバイトに応募しました。

面接日までに担当の方達に履歴書の書き方や模擬面接をしてもらいました。

面接場所は土地勘がない所でしたので、早めに周辺に着きましたが、場所が分かった時には時間的にあまり余裕がありませんでした(苦笑)

面接のやり取りはほとんど覚えていませんが、とにかく働きたいことを伝えました。
面接官の方にはすぐにでも働けるか的なことを聞かれたので、働けることを伝えました。

結果を言うと、その場で採用が決まりました!

面接時の印象から考えると、面接時に余程、私の印象なりが悪くなければ採用するように考えてたと思います。まあ、あくまで印象なんですけどね。

こういうことも生きているとあるんだよ!