賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

三十路元ニートの懸賞とその他ブログ 提供している記事やリンク先から損失や損害が発生したとしても、当ブログでは責任を負いかねます。

南雲吉則さんの本「「空腹」が人を健康にする」の感想

 

 印象に残った言葉

肉食の動物が獲ったウサギに塩をふって食べることはないし、草食の動物が草を食べるときに、塩やドレッシングをかけたりしません。ベビーフードにも塩を入れたりしませんね。
これにはきちんとした理由があります。
自然に存在する動植物に含まれる塩分だけで、十分に体を維持できるからです。
草木の中、動物の体の中にも塩分は含まれているのです。


私の提唱する健康法は、元気なお年寄りをつくろうとしているのではありません。
内面の健康が表にあらわれて、若く美しくなっていただきたいのです。
その最終ゴールは肌がつやつやでウエストがくびれていることです。
そのために有効な方法は「空腹」「完全栄養」「睡眠」の3つです。
・一日一食(または一汁一菜)
・野菜は葉ごと皮ごと根っこごと、魚は皮ごと骨ごと頭ごと、穀物は全粒で。
・睡眠は夜の10時から夜中の2時までのゴールデンタイムを含むように。
この三条件を守っていただければ健やかで、若く、美しい体を手に入れられるでしょう

 

感想:著者の健康法が有効かは別にしてこの三条件を徹底できる人間がどれだけいるんだ?
私はやれないなあ。(やる前から無理だと諦めている!!)