読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

A-8.netからの移動を目論む三十路ニート(就職した!)の日記系ブログ

雑記

ドードーの全身骨格が日本円で約4850万円の高額で落札されたんだって!そんなドードーについて調べてみたよ!

2016年にニュースで見かけて、気になって当時調べてみました。 全身骨格は1970年代から個人のコレクションやオークションで骨を購入し組み立てたものとのことで、複数体の骨で作られているのは容易に想像できると思います。それでも、完成度95%・全身骨格は…

エスカレーターのスピードは時間帯によって変わるのか?を調べてみました。

今回の記事は2016年11月下旬にハロワの帰りにデパートに寄りましたが、その時に「エスカレーター遅くね?!」と思い調べました。 立ち寄った時間は夕方の17時前。エスカレーターの速度を変えることができるなら、混雑やお客さんの年齢層を考え変更した可能性…

夜勤なんてもうやりたくない!

夜勤・・・・私はこれを聞くともうやりたくありません。 警備業の時は朝に出勤して翌朝に帰宅する生活を一時期やってましたが、こんなことはもうやりたくない。 仕事ができないダメダメ人間にとっては普段の業務ですら精神的によろしくないのに、夜勤がプラ…

若者サポートステーション(サポステ)で印象に残った話や言葉⑥

今回は雑誌の編集者?のお話を紹介します。雑誌の表紙は子供を載せることにしている。親にはちゃんと説明するが、子供をナンパした時は怪しまれて泣かれた(わざとナンパと言ったように思います)。学生時代は歩荷の仕事を日給1万5千円で働く。そのお金でタ…

若者サポートステーション(サポステ)で印象に残った話や言葉⑤

某居酒屋代表取締役の話を直接聞いた時の話です。・自分の生活圏5キロ圏内の物を食べるのが体に良い。自分の生活と同じ気候を経験しているから。・立地や慣れない土地でお客さんが来ないので来たお客さん一人一人をリピーターにするためアイディアを練る。例…

花見の思い出

花見真っ盛り!・・・・・・・・・・どころか終わってますが、自宅近くの桜を横目にしてたらふと幼少時の思い出が蘇りました。 下世話な児童 花見会場には家族連れや友人・職場の同僚など色んな方が訪れる場所だと思います。 そんな場所に家族で私も花見に行…

若者サポートステーション(サポステ)で印象に残った話や言葉④

面談員の方にもらったプリントシリーズ人間関係を良くする5つの方法 1、明るい雰囲気を作る2、相手に関心を持つ3、話を聞く4、相手の良い点を褒める5、考え方の違いを認める 感想:前提として最低限のコミュニケーション能力が必要な気が・・・・・・・…

若者サポートステーション(サポステ)で印象に残った話や言葉③

面談員の方にもらったプリントシリーズ"やる氣のスイッチをONにせよ" 成功への条件1、肯定的なプラス思考の持ち主であること。2、積極的な行動をとる者であること。3、プラスの感情を持っている者であること。4、自分自身で”やる氣”のスイッチをONに出来…

若者サポートステーション(サポステ)で印象に残った話や言葉②

以前に面談をしてくれていた男性からもらったプリント。今回はナポレオン・ヒルの名言を載せます。 人は考えた通りの人間になる 世の中を見てみろ、最後まで成功を願い続けた人だけが成功しているではないか。すべては人の心が決めるのだ 感想:ネットで調べ…

若者サポートステーション(サポステ)で印象に残ったお話や言葉①

職業講和「先輩に聞こう」 学校講師【本気】「熱意なくして成功なし」本気になると自分が変わってくる 変わっていなかったらまだ本気になっていない証拠【心が変われば人間も変わる】「礼儀・挨拶・掃除・返事・グラウンド整備・道具の手入れ・何事も全力で…

電通が新入社員は残業時間は月45時間まで、とコメント。ホワイト企業への一歩になるのだろうか?

始めに電通は女性社員の高橋まつりさんの過労自殺によって、ブラックな業務実態が公になりました。 参考・引用サイト様 newsmatomedia.com 上記の記事では、遺族側の弁護士が残業時間は多い月だと130時間を越えることがあったともコメントしています。 さて…