読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賢くなりたい、でも、バカでもいたい。

A-8.netからの移動を目論む三十路ニート(就職した!)の日記系ブログ

半生:パーソナルサポートセンター

パーソナルサポートセンター(以下PSC)は若者サポートステーション(以下サポステ)が就活への意欲を育む所と考えた場合、PSCは就職のために活動する場所です。PSCを検索してみると40万件ほどヒットしますが、厚生労働省から委託されてるサポステとは違い地…

吉越浩一郎さんの本「 仕事ができる社員、できない社員 知的生きかた文庫」の感想

仕事ができる社員、できない社員 (知的生きかた文庫 よ19-1 BUSINESS)[本/雑誌] (文庫) / 吉越浩一郎/著ジャンル: 本・雑誌・コミック > 文庫・新書 > 文庫 > その他ショップ: CD&DVD NEOWING価格: 617円 著者:吉越浩一郎1947年千葉県出身。1983年にトリン…

桜井章一さんの本「 運とツキに好かれる人になる 図解雀鬼流「運に選ばれる」法則76 」の感想

【中古】 運とツキに好かれる人になる 図解 雀鬼流「運に選ばれる」法則76 /桜井章一【著】 【中古】afbジャンル: 本・雑誌・コミック > ライフスタイル > 生き方・リラクゼーション > その他ショップ: ブックオフオンライン楽天市場店価格: 198円 印象に残…

秋月菜央さんの本「 チャネリング・バイブレーション 自分を生きると全てが変わる 」の感想

【中古】 チャネリング・バイブレーション 自分を生きると全てが変わる /秋月菜央【著】 【中古】afbジャンル: 本・雑誌・コミック > ライフスタイル > 占い > その他ショップ: ブックオフオンライン楽天市場店価格: 198円 印象に残った言葉親からの愛をあ…

南雲吉則さんの本「「空腹」が人を健康にする」の感想

「空腹」が人を健康にする [ 南雲吉則 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 科学・医学・技術 > 医学・薬学 > 公衆衛生学・予防医学ショップ: 楽天ブックス価格: 1,512円 印象に残った言葉肉食の動物が獲ったウサギに塩をふって食べることはないし、草食の動物…

若者サポートステーション(サポステ)で印象に残った話や言葉④

面談員の方にもらったプリントシリーズ人間関係を良くする5つの方法 1、明るい雰囲気を作る2、相手に関心を持つ3、話を聞く4、相手の良い点を褒める5、考え方の違いを認める 感想:前提として最低限のコミュニケーション能力が必要な気が・・・・・・・…

香山リカさんの本「本当にやりたいこと!を見つける33の方法」の感想

【中古】本当にやりたいこと!を見つける33の方法 / 香山リカジャンル: 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > 歴史 > その他ショップ: ネットオフ楽天市場支店価格: 108円 本文で印象に残ったところ「急がずに、休まずに」 感想:前提として、私自…

若者サポートステーション(サポステ)で印象に残った話や言葉③

面談員の方にもらったプリントシリーズ"やる氣のスイッチをONにせよ" 成功への条件1、肯定的なプラス思考の持ち主であること。2、積極的な行動をとる者であること。3、プラスの感情を持っている者であること。4、自分自身で”やる氣”のスイッチをONに出来…

若者サポートステーション(サポステ)で印象に残った話や言葉②

以前に面談をしてくれていた男性からもらったプリント。今回はナポレオン・ヒルの名言を載せます。 人は考えた通りの人間になる 世の中を見てみろ、最後まで成功を願い続けた人だけが成功しているではないか。すべては人の心が決めるのだ 感想:ネットで調べ…

和田秀樹さんの本「30代から始める「頭」のいい勉強術」の感想

【中古】 30代から始める「頭」のいい勉強術 / 和田 秀樹 / 三笠書房 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】ジャンル: 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > 教育・福祉 > 教育ショップ: もったいない本舗 楽天市場店価格: 258円 印象に残っ…

村上和雄さんの本「生命の暗号」の感想

生命の暗号 [ 村上和雄 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 文庫・新書 > 文庫 > その他ショップ: 楽天ブックス価格: 616円 印象に残った言葉「思い切り」と「思い込み」の共生が必要である。思い切りとは従来の方法とか習慣を大胆に破っていくこと。思い込み…

太宰治さんの本「人間失格」の感想

人間失格 [ 太宰治 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 文庫・新書 > 文庫 > その他ショップ: 楽天ブックス価格: 280円 印象に残った言葉幸福は眩しくて、それを壊さないために身を引いたり、結婚して穏やかな生活を手に入れても壊され、破滅へと繋がっていく…

奈良泰秀 さんの本「神道よ!今こそ《古来の本物の道》に戻るのだ!」の感想

送料無料/神道よ!今こそ《古来の本物の道》に戻るのだ! 縄文のパワーフィールドへ/奈良泰秀/エハン・デラヴィジャンル: 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > その他ショップ: オンライン書店 BOOKFAN価格: 1,836円 中今の精神の中でも、神を…

若者サポートステーション(サポステ)で印象に残ったお話や言葉①

職業講和「先輩に聞こう」 学校講師【本気】「熱意なくして成功なし」本気になると自分が変わってくる 変わっていなかったらまだ本気になっていない証拠【心が変われば人間も変わる】「礼儀・挨拶・掃除・返事・グラウンド整備・道具の手入れ・何事も全力で…

電通が新入社員は残業時間は月45時間まで、とコメント。ホワイト企業への一歩になるのだろうか?

始めに電通は女性社員の高橋まつりさんの過労自殺によって、ブラックな業務実態が公になりました。 参考・引用サイト様 newsmatomedia.com 上記の記事では、遺族側の弁護士が残業時間は多い月だと130時間を越えることがあったともコメントしています。 さて…

パソコン環境に幾度となく苦しめられてきた私

なぜ、なぜ、パソコンはフリーズするのか? 機械に疎い私は毎日のごとく苦しめれている。 サイトのページを開こうにも時間が掛かる。 記事を作成中に不具合が発生しデータが吹っ飛ぶ。 原因が分からない、原因を突き止めるために勉強をする気もない。 これで…

半生:高校卒業後、若者サポートステーションへ。

日々を真剣に生きてないせいか、当時のことをしっかり覚えてないので記憶がごっちゃなところもありますが、ご容赦を! 若者サポートステーションを知る前の生活通信制の高校を卒業してからはやらなければならないことがなくなって家でゴロゴロする生活を送っ…

ブライアン・L.ワイス さんの本「ワイス博士の前世療法」の感想

過去記事の移転を再開したが、書籍の感想が思ってたよりも多い・・・・・。 明日は別記事を挙げる! 本、最近読んてないなあ・・・・・。 ワイス博士の前世療法 [ ブライアン・L.ワイス ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 科学・医学・技術 > 医学・薬学 > …

斎藤一人さんの「人生が全部うまくいく話」の感想

人生が全部うまくいく話 [ 斎藤一人 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 文庫・新書 > 文庫 > その他ショップ: 楽天ブックス価格: 575円 印象に残った言葉渦は自分のところから作るの。渦巻って、自分のところから回して行くのよ。自分のところは回らないで、…

ひすい こたろう さんの本「明日が見えないときキミに力をくれる言葉」の感想

最初に言っておくとずいぶん前に読んだ本です。 当時の感想ノートを読むと、著者の自己主張が強くて苦手に感じたみたいだ。 でも、良いこと書いてあります!誰の言葉かはカーネル・サンダース以外忘れてましたが・・・・・・! 印象に残った言葉「ワシはただ…

半生:高校生

高校生になる前の中学時代は最初の数日登校した後はそのまま卒業しました。 卒業証書は母が受け取りました!ハハッ・・・・・・・・・。高校は母の勧めで通信制の高校に進学しました。籍だけでも置いておくためになあ!!? 学校は週1回ぐらいの登校でレポー…

劇場版総集編 オーバーロード 漆黒の英雄(後編)を見てきた。

本作のオーバーロードはTVアニメとして放送されてたのを今回、前編 不死者の王と後編 漆黒の英雄とに分けて映画化されたわけだが・・・・・どうしても気になるんなら見ればいいんじゃないかな、と言う内容だった。 構成と作画 構成はぷれぷれぷれあです→本編…

さくら剛さんの「困ったココロ」の感想。

著者:さくら剛 ウィキ参照 お笑い芸人を目指し上京するも挫折し引きこもりになる。 日々の生活はバイトで食いつないでいたが、交際していた女性に振られたのをきっかけにアメリカ合衆国へ旅行した経験を自身のサイトで執筆。後に最初の著書になるインド旅行…

半生:小中学生

小学生時代・・・・・・小学生時代の時から1日でも学校を休むと翌日以降の登校は気が重くなりましたが、幸いなことに不登校にはならず卒業することが出来る。 在学時に学校で入院を必要とする病気をを起こすが、その後の生活は薬物治療を行うことで安定する…

人生は一寸先は闇である。

人生30余年生きてる人も生きてない人も予期せぬことに直面することはあると思います。 私は先日、仕事中に強烈なめまいに襲われました。 その時は周囲がメリーゴーランドのように回り、焦点が定まらず、気持ち悪さで立っていられませんでした。 移動する時も…

引きこもりだった私が家から一歩出たきっかけ

この記事を書く前に引きこもりの定義が気になり調べた所、厚生労働省:政策レポート(ひきこもり施策について)では 「「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」を「ひきこもり」と呼…

オッス!オラ、ニート!が介護職に就くまでの半生

私の経験に乏しい半生を箇条書きで紹介します! 小学生時代ー遊び友達は多かったが、学校を一日でも休むとクラスから孤立感や疎外感を受けるんじゃないかと言う不安を抱くも、不登校にならず卒業を果たす。中学生時代ー入学してすぐに休む。これにより、小学…